筋トレしたらしっかり睡眠!効率良く筋肉を付けよう!

筋トレ 睡眠

スポンサーリンク

イカさん
イカさん
どうも。イカさんブログです。

今回は、筋肉と睡眠について。

私イカブロ自身、あまり睡眠がとれておらず、そこを改善できればもっと効率よく筋肉を付けられると思っており、つい最近からですが、早く寝ることを心掛けています(その分ブログ更新止まりがち)

最近あまりいい睡眠とれていないなぁ、という方には有益な情報かと思いますので是非、ご覧ください!

それでは早速行ってみよう!

筋トレ後の睡眠で筋肉は作られる

まず知っておきたい情報として、筋トレは筋繊維を傷つける行為であるということです。

傷ついた筋肉が修復されることで筋肥大がおこりますが、修復には成長ホルモンの分泌が重要となります。

成長ホルモンがタンパク質の合成を高めてくれるので、筋トレ後の睡眠は非常に大切なのです。

筋トレ後、いつ睡眠を取ればいいの?

筋トレ後、いつ睡眠を取ればいいのか、ですが

22時~2時の間は確実に取っておきたいところです。

何故なら、この時間帯は『睡眠のゴールデンタイム』と呼ばれ、成長ホルモンの分泌が一番多くなると言われているのです!

イカさん
イカさん
でも仕事や筋トレしてるとついつい22時過ぎちゃうんですよね…

以前の私は仕事にブログに筋トレに、なかなか忙しい毎日を送っていたので、睡眠がおろそかになっていました。

毎日の睡眠時間は4時間ほど。もう毎日電車で寝て、仕事中にうとうとして…。たまに寝坊して…。笑

社会人失格の生活を送っていました。。。

イカさん
イカさん
いやぁ、さすがにこのままではまずい。


と思い、生活を改善し、遅くても24時には寝ることにしました。

早く寝る為にしていること

早く寝る為に今私がしていることは、

  • ダラダラ時間をなくす
  • やらなきゃいけないことをすぐにやる
  • カフェイン摂取をやめる
  • スマホ、テレビを見る時間を減らす
  • 入浴は90分前までに済ませる

の5つです。ひとつひとつ見ていきましょう。

ダラダラ時間をなくす

今までの自分を振り返ってみると、ダラダラする時間が最低30分ありました。その後、筋トレに行き、帰宅すると既に時刻は22時。そこからブログを書いて…。という生活でした。

イカさん
イカさん
ダラダラ時間って最高なんですよねぇ

でもこの時間が睡眠時間を圧迫していることは自明だったので、断腸の思いで大好きなダラダラ時間をなくすことにしました。

皆さんも、ツイッターをダラダラ見たり、ぼけっとテレビやYouTubeを見る時間があるかと思います。

確かにストレス発散の大事な時間ですが、時間がないけど筋トレを頑張って健康になりたいと思っている方はその時間を削って睡眠時間に充てるようにしましょう。

やらなきゃいけないことをすぐにやる

これはダラダラ時間をなくすこととほぼ同じことなのですが、今日、自分が何をやらなきゃいけないのかをリストアップしてビジュアル化してみましょう。

そうすると、やるべきこととやらなくてもいいことの区別をすることができます。

やらなくてもいいことはやらない!本当にやる必要のあることだけに焦点を当てましょう。

これは仕事にも共通しますね。

仕事もTo Doリストを作成しておけば、早く家に帰れますし、そうすれば自分の時間を十分に確保することができます。

カフェインの摂取を控える

筋トレのパフォーマンスを上げる為に、夜にカフェインを摂取したり、ブログを投稿するのにコーヒーを相棒にすることが多かったのですが、結果的にこの行為が後の睡眠の質を下げていることに気づきました。

カフェインは摂取後6時間も効果を維持するそうです。

睡眠の質を確保する為にも、なるべくカフェインの摂取は控えるようにしましょう。

スマホ、テレビを見る時間を少なくする

スマホ、テレビを見ると、脳が覚醒状態となり、なかなか眠くならない状態となってしまいます。

寝る30分~1時間前にはスマホは閉じ、テレビの電源を切るようにしましょう。

入浴は90分前までに済ませる

入浴後すると体の芯まで温まりますが、90分後にその熱は発散されます。

熱の発散とともに眠気が訪れるので、90分前までには入浴を済ませておくことがスムーズに入眠する為におすすめです。

以上の点を実践し、現在24時までには寝る習慣づけを行っています。

頭も働き作業効率もアップしているので、プラスなことしかありません。

みなさんも一度自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

筋トレ後はしっかり睡眠を

今回は、筋トレ後はしっかり睡眠を取りましょう。という記事でした。

というか、筋トレ後でなくても、しっかり取りましょう。笑

私は睡眠不足が祟り、少し体調を崩していました。

やっぱり人間は健康第一ですね。

自分自身もしっかり気を付けていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で!さようなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です